苦手としていた速球投手に対抗するため、今年からマシンを使って145キロ超の球を打つ練習を取り入れた。 力強さが増した打線を引っ張るのは、春から1番を担う主将の児島佑治=写真。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加