「私を育ててくれた江北町に恩返しを」と訴えた新人の笹川辰朗さん(63)は無念の落選。事務所に集まった約150人の支持者に「当選の報告ができず申し訳ない」とわびた。 昨年9月に立候補を表明。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加