安全走行テストで左折の合図を出す選手=佐賀市の大和中央公園

団体優勝した鳥栖小の選手たち。左から佐藤奏太君、山岡小風美さん、古賀優来さん、宮原識支奏さん=佐賀市の大和勤労者体育センター

 小学生が自転車の運転技術と交通安全の知識を競う「交通安全子供自転車大会」の佐賀県大会が22日、佐賀市大和町の大和勤労者体育センターなどで開かれた。1チーム4人の16チームで競い、鳥栖小が4連覇を果たした。

 前年度優勝校と地区予選を勝ち抜いた15チームが出場。交通規則を問う学科試験、正しい自転車の乗り方や安全走行を評価する「安全走行テスト」、乗り方の熟練度を評価する「技能走行テスト」の三つで審査した。

 強い日差しの中、安全走行テストは安全確認を行い、交差点通過時には左折と右折の指示を出しながら片手で走行するなどした。屋内であった技能走行テストは、9本のピンが並ぶ難所のジグザグコースで、チームの仲間も息をのんでハンドルさばきを見守った。

 優勝した鳥栖小は8月7日に東京都内で開かれる全国大会に出場する。同校は2カ月前から1日2時間の練習を重ねてきた。6年の佐藤奏太さん「家族やチームメートの声援があったからこそ優勝できた」と笑顔を見せた。

 このほかの団体と個人の上位成績は次の通り。(敬称略)

 【団体】(2)若葉小(鳥栖市)(3)東脊振小(吉野ヶ里町)(4)成和小(唐津市)(5)金立小(佐賀市)

 【個人】(1)山岡小風美(鳥栖小)(2)宮原識支奏(同)(3)古賀優来(同)(4)内田理那(若葉小)(5)井上颯(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加