美しい音色で観衆を魅了するニュウニュウ=佐賀市文化会館

 国際的に活躍する若手実力派ピアニスト、ニュウニュウ=中国出身=のリサイタルが23日、佐賀市文化会館で開かれた。5年ぶりとなる日本でのソロ公演で、成長を遂げた華麗なテクニックでアニメ「ピアノの森」などの曲を奏で、1100人を魅了した。

 メンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」で幕開け。繊細なタッチで甘い音色を響かせて聴衆を引き込み、曲を終えるごとに拍手が湧き起こった。10曲を演奏後、アンコールではベートーベン「エリーゼのために」など5曲を披露した。

 熊本市から母親と来た主婦甲斐春菜さん(33)は「彼の人柄が音に出ていて、一音一音がすてきであっという間だった」と語った。佐賀市の北古賀享子さん(73)は「手の動きがきれいで音色も美しかった。最後まで夢中になって聴いた」と笑顔を見せた。

 リサイタルは、佐賀新聞社と佐賀市文化振興財団が主催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加