変化する社会環境やビジネスをテーマに講演する大町自動車学校の鶴田英司代表取締役=小城市の小城高

変化する社会やビジネスについて講演する大町自動車学校の鶴田英司代表取締役=小城市の小城高

 生徒たちが将来について考える「キャリア教育」の講演会が21日、小城市の小城高で開かれ、大町自動車学校代表取締役の鶴田英司さんが講師を務めた。同高の全校生徒が聴講し、急速に変化する社会やビジネスについて学び、自身の将来像を思い描いた。

 鶴田さんは「私たちの仕事がAI(人工知能)に取って変わる時代はそう遠くないが、むしろチャンス。課題を解決すればビジネスにつながる」と話した。働く意義について「利他的なもの。将来、自分が何をやりたいのか、しっかり考えて」と訴えた。

 物事で成果を上げるための条件として、「情熱」「アイデア」「行動すること」の3つが必要だとアドバイスした。

 講演を聞いた生徒は「仕事はお金や生活のためと考えていた。講演を聞いて、自分や家族のためでもあると思ったし、意識を変えることが大切と感じた」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加