よつばパンの厚焼たまごバーガー

 佐賀市開成に2018年4月に開業した「よつばパン」で人気の「はま屋の厚焼たまごバーガー」(180円)。水を使わず九州産小麦と長崎県佐世保市から取り寄せた卵、牛乳で仕込んだパンに、約35年間市民に親しまれてきた天ぷら屋「はま屋」の厚焼きたまごを挟む。柔らかくほのかな甘みが特長のパンと、毎朝手焼きする甘めの卵焼きとのバランスがよく、隠し味のからしマヨネーズが全体の味を引き締める。

 店主の淵慶介さん(39)は、体力の限界から引退したはま屋の店主で義父の濵口琢磨さん(71)が長年作り続けた味を「復活させたくて作った」と話す。1~2歳の子どもから年配の人まで、幅広い年代に愛されている。

 パンを食べるのが好きという淵さんは十五、六年前、い草メーカー勤務から転身し、パンの世界に飛び込んだ。県内のパン屋で約15年間、技術を磨いて店を構えた。厳選した材料を使い、手作りあんこを使ったあんバター(180円)も人気。「一つの店でしっかりと目に見えるお客さんにおいしいパンを届けていきたい」。幸せのパンをきょうも焼き続ける。

 

▽佐賀市開成3丁目7-14
▽9~18時(なくなり次第閉店)
▽日曜定休、その他不定休
▽0952(37)0828

このエントリーをはてなブックマークに追加