スーパーで父親に抱かれた乳児を傘で突いてけがをさせたとして、佐賀県警鹿島署は2日、傷害の疑いで、鹿島市の容疑者(77)を現行犯逮捕した。万引を乳児の父親にとがめられ、激高したという。

 逮捕容疑は同日午後0時45分ごろ、鹿島市内のスーパーの総菜売り場で、空揚げ1個をポケットに入れて万引したのを同市内の20代男性に注意されたため、持っていた紳士用傘(全長85センチ)の先端で、男性が腕に抱いていた男児(10カ月)の脇腹を1回突き、打撲のけがをさせた疑い。傘の先端はプラスチック製だった。

 同署によると、言い争う声を聞いて駆け付けた従業員が110番した。容疑者は「何をしたのか覚えていない」と容疑を否認。酒のにおいもしていたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加