思い描いていたプロ野球人生ではなかった。辞めた方が楽だとも思ったが、「上のレベルでもう一回やりたい」という思いは消えなかった。唐津市出身の北方悠誠(ゆうじょう)投手(25)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加