農業の生き残り策として国が推進する「担い手」農家への農地の集積で、佐賀県の集積率が昨年度、71・3%と初めて7割を超えた。大規模な経営で突出している北海道に次ぎ、2年連続で全国2位となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加