窯跡の盗掘対策を協議する行政と県警の合同会議が20日、西松浦郡有田町の町生涯学習センターで開かれた。県、12市町や県警の担当者約30人が出席、2018年度に2件の被害が発生したことが報告された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加