佐賀県は21日、佐賀市内の倉庫に保管されていた有害物質「ポリ塩化ビフェニール(PCB)」を含む蛍光灯の安定器が、専門の処理機関を通さず、不適切に処理されていたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加