時代を超えて育まれてきた豊饒(ほうじょう)の芸術風土―。1914(大正3)年に始まり、102回目を迎えた佐賀美術協会展は、洋画、日本画、彫塑、工芸の秀作約300点が一堂にそろう。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加