スパイバーの関山和秀社長とタンパク質素材の糸を使ったTシャツ=20日、東京都内

 バイオベンチャーのスパイバー(山形県鶴岡市)とゴールドウインは20日、クモの糸を参考に開発したタンパク質素材の糸を使ったTシャツを発売すると発表した。

 クモの糸の強靱さを人工的につくり出そうとスパイバーが開発した新素材は、微生物による発酵で生成したタンパク質で、Tシャツには約18%使用した。しっとりとした肌触りが特徴でインナー用に設計したという。

 新素材の製品化は初めてといい、東京都内で記者会見したスパイバーの関山和秀社長は「タンパク質を使いこなす第一歩だ。新しい素材に注目してほしい」と話した。価格は2万7千円。250着限定で20日から予約を受け付ける。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加