佐賀県最大の労働団体「連合佐賀」(181組合、約3万3千人)の中央メーデーが29日、佐賀市で開かれた。労働者に景気回復の実感はなく、賃上げによる生活の底上げこそが経済の好循環を生むと強調。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加