20日午前の東京外国為替市場の円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ示唆を背景に円高ドル安が進み、一時、約5カ月半ぶりの円高水準となる1ドル=107円台半ばを付けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加