佐賀県環境センターは19日、東松浦郡玄海町にある放射線監視装置(モニタリングポスト)の非常用発電機用燃料タンク(容量150リットル)のゴム製配管から軽油約120リットルが漏れていたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加