佐賀県発注工事で事前に必要な埋蔵文化財の確認調査をしていなかった問題で、県は16日、佐賀土木事務所が実施した県道工事で弥生時代から中世にかかる遺跡の一部を損壊していたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加