観光客を集めるノウハウなどを話すエスビージャパンの中元英機社長=鳥栖市のサンメッセ鳥栖

 自治体の観光担当者らを対象にしたセミナー「レジャー・ミー会議」が18日、鳥栖市のサンメッセ鳥栖で開かれた。佐賀県内外の観光協会職員ら約20人が最新の事情などを学びながら、観光振興を図るヒントを探った。

 定額制で観光施設などを周遊できるスマートフォン向けアプリ「レジャー・ミー!」のサービスを始めた「エスビージャパン」(本社・基山町)が主催。自治体の枠にとらわれず、観光情報を共有してもらおうと開いた。

 セミナーでは、同社の中元英機社長が観光客を呼び寄せるための効果的な仕掛けや、海外で見つけた面白いプロモーション、企画に“ものがたり”をつくる重要性などを説明した。土日ではなく平日を重視してリピーターを獲得するノウハウを、事例を挙げて紹介しながら「目指すのは、自分たちのまちや施設を好きになってもらうこと」と話した。

 同社担当者がアプリについても説明した。観光客と施設側の双方にメリットがあることを強調し、利用を呼び掛けた。アプリは17日にダウンロードが始まり、利用できる施設は現在約50。来年5月までに1500施設を目指している。

このエントリーをはてなブックマークに追加