改正児童虐待防止法と改正児童福祉法を全会一致で可決、成立した参院本会議=19日午前

 親の子どもへの体罰を禁止するとともに、児童相談所の体制強化を盛り込んだ改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が19日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。一部を除き来年4月から施行される。昨年3月に東京都目黒区で船戸結愛ちゃん=当時(5)=が死亡するなど悲惨な事件が続いたことを受けた法改正。罰則はないものの、しつけの在り方を見直すきっかけとなりそうだ。児相で虐待対応に当たる専門職「児童福祉司」の確保と質向上も課題となる。

 札幌市中央区で池田詩梨ちゃん(2)が衰弱死する事件などで、児相などの不手際が明らかになり、抜本的な対策強化を求める声が高まっていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加