ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=18日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米中貿易協議進展への期待感から大幅続伸し、前日比353・01ドル高の2万6465・54ドルで取引を終えた。5月上旬以来、約1カ月半ぶりの高値。ハイテク株主体のナスダック総合指数は108・86ポイント高の7953・88と続伸した。

 トランプ米大統領が18日、今月下旬の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて米中首脳会談を行うことを明らかにし、貿易摩擦への懸念が後退した。年内の米利下げ観測が強まっていることも相場を押し上げた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加