天皇が即位した際に行われる皇室行事「大嘗祭」に納める米の田植えが18日、基山町の基山小学習田であった。同校の5年生100人が、地域の農家やJA職員のアドバイスを受けながら、心を込めて手植えした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加