23日にコンサートを開くソプラノの藤井玲南さん(右)とピアノの本山乃弘さん=提供写真

 ソプラノ歌手藤井玲南さんとピアニスト本山乃弘さんによる「ピアノと歌のしらべ」コンサートが23日午後1時半から、唐津市相知交流文化センターの文化ホール「サライ」で行われる。バッハから新進気鋭の作曲家・山中千佳子さんの曲まで幅広い作品を取り上げる。

 藤井さんはバッハの世俗カンタータ「羊は安らかに草を食み」やシューベルトの「アヴェ・マリア」などを歌う。本山さんはソロでベートーベンの「悲愴ソナタ」から第1楽章、ショパンの「雨だれ」やサティの「ジムノペディ第1番」などを奏でる。

 山中さんの作品は「室生犀星の詩による歌曲集『ことほぎ』」から5曲を披露。昨年、作曲、出版された曲で佐賀県初演となる。

 全席自由で一般千円、高校以下500円(当日各200円増し)。問い合わせは同センター、電話0955(62)3111。

このエントリーをはてなブックマークに追加