【香港共同】香港の林鄭月娥行政長官は、逃亡犯条例の改正案について、民主派が求める撤回には言及せず、辞任の意向もないことを強調した。記者会見は終了した。

このエントリーをはてなブックマークに追加