総務省による携帯料金見直しのポイント

 総務省は18日、携帯電話料金見直しを検討する有識者会議を開いた。2年契約を中途解約する際の違約金の上限を千円に規制するなどとした省令改正案に関し大筋で一致した。携帯大手各社の9500円から大幅に引き下げ「2年縛り」と呼ばれる高額な違約金による囲い込みを是正する。2年契約の通信料の割引額も制限されるため、各社は料金プランの大幅な改定を迫られる。総務省は省令改正を経て、今秋に施行する改正電気通信事業法とともに導入する。

 2年縛りによる通信料の割引額は月170円までに制限する。期間拘束を伴わない基本の料金での価格競争を促し、値下げにつなげる狙いがある。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加