例年より若干少ない公募数でしたが、内容は、いつに劣らず高い水準だったと感じました。洋画部門の審査は、7名の審査員による投票や挙手などを織り交ぜた公明正大な方法で慎重に慎重を期して行いました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加