岩屋毅防衛相は18日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」への秋田県への配備を巡る防衛省調査で、レーダーの電波の障壁となる山の標高を実際より3メートル低く誤表記していたと明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加