昨年より応募点数が減ったことは残念でしたが、審査員全員で意見を出し合いながら、慎重に審査しました。 美術協会賞の齊藤クラエさんの「柵」は、丁寧に描写がされていて、しっとりとした情感のある作品でした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加