児童文学作家の戸森しるこさん(34)の講演が17日、唐津市の唐津西高であった。「夢の途中で考えること」をテーマに、病を患いながらも作家を目指した過去を振り返った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加