■6日まで祐徳博物館 江戸時代から受け継がれる手織りの錦織「鹿島錦」の展示会が、鹿島市の祐徳博物館で開かれている。保存会会員ら33人が手掛けた新作の小物入れや帯、珍しい木目込み人形など約170点が並…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加