九州電力川内原発1、2号機が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は不当だとして、住民らが国に設置許可の取り消しを求めた訴訟の判決で、福岡地裁は17日、請求を退けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加