「どうして古瀬君が…」「一日も早い回復を」-。襲撃された古瀬鈴之佑巡査(26)の母校・佐賀工業高の恩師や後輩らは16日、祈るような思いで状況を見守り続けた。 古瀬巡査は同校ラグビー部の出身。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加