外国人技能実習制度で、劣悪な労働環境に置かれていた佐賀県内外の実習生が、相次いで県内で保護されている。今月7日にはカンボジア出身の2人が賃金の未払いを訴え、長崎から県内の支援者の元に身を寄せた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加