「憲法改悪阻止」の特別決議を採択した佐賀県教職員組合の定期大会=佐賀市の県教育会館

 佐賀県教職員組合(佐教組、井手美保子委員長)は15日、佐賀市の県教育会館で定期大会を開いた。自民党が夏の参院選の公約で改憲を重点項目に挙げたことを受け、「憲法改悪阻止」の特別決議を採択した。

 決議では、安倍政権下で特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認などが進められたことを「憲法9条改悪への地ならし」と批判した。自衛隊を憲法に明記することが「9条の死文化」や「『戦争法』の合憲化」を招き、「戦争のできる国」が完成してしまうと危機感をあらわにした。

 陸上自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画を山口祥義知事が受諾した点にも触れ、「基地が地域の発展を阻害しているのは沖縄を見れば明らか」と指摘し、計画に反対する住民組織を孤立させず、連携して取り組みを進めることも盛り込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加