鳥栖は先制しながらも後半ロスタイムに逆転ゴールを許し、2連敗となった。

 前半立ち上がりから激しいプレスの応酬となったが、主導権を握ったのは鳥栖。18分、左サイドのMF福田がクロスを送ると、ゴール前に走り込んだFW安庸佑が左足で合わせて先制した。しかし31分、左サイドを崩されて失点し、1-1で折り返した。

 鳥栖は後半もカウンターから好機をつくった。10分、福田の鋭いスルーパスに反応した安庸佑がシュートを放ったが、相手DFに防がれた。引き分けかと思われたロスタイム3分、相手の左クロスをゴール前でクリアしきれず、FW興梠に決められた。

このエントリーをはてなブックマークに追加