鳥栖-浦和 後半終了間際、浦和FW興梠に決勝弾を決められ呆然とする鳥栖守備陣=さいたま市の埼玉スタジアム2002

 明治安田生命J1リーグ第15節最終日は15日、さいたま市の埼玉スタジアム2002などで6試合があり、サガン鳥栖は浦和に1-2で逆転負けを喫した。2連敗で通算成績は4勝1分け10敗(勝ち点13)となり、順位を一つ下げて最下位に転落した。

 神戸はイニエスタの今季初ゴールで首位のFC東京を1―0で破った。清水は横浜Mに3―2で逆転勝ちし、最下位を脱出。大分―名古屋は1―1で引き分けた。仙台は松本に勝ち、磐田―G大阪は引き分けた。

 第16節は22、23の両日と7月31日にあり、鳥栖は22日午後2時から札幌市の札幌厚別公園競技場で札幌と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加