格安航空会社(LCC)春秋航空日本は14日、7月26日からの夏休み期間中と9月の3連休に、佐賀―成田便を1日1往復から2往復に臨時増便すると発表し、航空券の販売を始めた。前年8月の搭乗率が96・0%と高く、利用客の需要に対応する。

 増便するのは7月26日~9月2日(火曜日を除く)と、9月13~16日、同20~23日の計42日間。現行ダイヤ(成田発午前11時45分―佐賀着午後2時、佐賀発午後2時40分―成田着午後4時25分)に、成田発午後4時45分―佐賀着午後7時、佐賀発午後7時40分―成田着午後9時25分が加わる。

 成田便は2014年8月に1日2往復で就航後、便数が変遷し、17年10月下旬以降は1日1往復になった。今年の大型連休中は増便した。県空港課は2往復の回復の要望を続けており、「今回、利用してもらうことで通年の2往復につながる契機になれば」と期待する。

このエントリーをはてなブックマークに追加