財務金融委員会で麻生金融担当相に質問する大串衆院議員=東京・永田町の衆院委員会室

 無所属で立憲民主党会派の大串博志衆院議員=佐賀2区=は14日、財務金融委員会で質問に立ち、「老後2千万円」問題を追及した。麻生太郎金融担当相とのやりとりで、麻生氏が年金を受給しているかどうかを自身で把握していないことも分かり、国民の年金への不安に寄り添えていないとして、「任にあらず」と断じた。

 大串氏は金融庁金融審議会の報告書について「正鵠(せいこく)を得た報告書だという意見もある」とした上で、受け取りを拒否した理由を尋ねた。麻生氏は「生活して5万円不足すると述べてある。世間に著しい誤解や不安を与える。われわれの政策スタンスと異なる。不安を一掃しないと、おかしな話になるのはいかがなものかと思った」などと答弁した。

 これに対し大串氏は「(審議会の)議論にふたをするように途中で大臣が止めてしまっている。ここに異様さがある」と指摘。麻生氏自身が年金を受給しているか尋ねたところ、受給の有無を答えられなかった。

 大串氏は「自分が年金をもらっているかどうか、知らない人がいるだろうか。暮らしていけるかみんな考え、不安に思いながら生きている。それが世の中だ」とした上で「国民の不安にふたをする金融担当大臣は任にあらずではないかと言わざるを得ない」と厳しく批判した。

このエントリーをはてなブックマークに追加