公開が始まった新庁舎のイメージ動画の1場面。1階の窓口フロア(唐津市提供)

唐津市が展示する新庁舎の模型=市役所本庁舎1階

 唐津市が現地建て替えを予定する新庁舎(本庁舎)の模型展示が14日、市役所本庁1階の正面玄関前ロビーで始まった。また、市のホームページ(HP)からは新庁舎の内部イメージを紹介する動画の公開も始まった。

 模型は250分の1の大きさで、グレーと淡いクリームの色を基調に、大きめの窓を再現した。敷地内の芝生広場や庁舎北の駐車場なども配している。

 動画は約3分で、人が歩くような視線で映像は流れる。ガラス張りのエントランスから入り、1階から6階の議場に上がり、ラウンジ・テラスに出る。

 市の新庁舎建設室が、より具体的なイメージを持ってもらおうと制作した。「来年度の当初予算に計上し、夏には着工できれば」と話している。新庁舎は鉄骨造りの免震構造で地上7階建て。延べ床面積は約1万6590平方メートル。現在は議会棟の解体を終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加