自動車整備部門で最優秀賞を獲得した久保田乙稀さん(右)と3位入賞の平方彪翔さん=伊万里市の敬徳高

 8日に佐賀市で開かれた「高校生ものづくりコンテスト佐賀県大会」の自動車整備部門で、敬徳高3年の久保田乙稀(いつき)さん=伊万里市東山代町=が最優秀賞に輝いた。7月7日に沖縄県である九州大会に出場する。

 同部門には、自動車の専門学科がある敬徳と北陵から3人ずつ出場し、学科、測定、点検、エンジン故障探究の4種目で知識と技術を競った。昨年2位だった久保田さんは、周囲の期待が集まる中で普段通りの力を発揮。「しっかり練習をしてきたので冷静でいられた。九州大会も平常心で臨み、入賞を目指したい」と語った。

 また、敬徳高2年の平方彪翔(ひゅうが)さん=唐津市東山=が3位入賞を果たし、「目標をクリアできてうれしい」と喜んだ。2人とも将来は自動車業界に進み、久保田さんは技術者、平方さんはレーサーになりたいという。

 他の成績は次の通り(敬称略)

 (2)内川翔太郎(北陵)(4)久保剛輝(同)(5)瀬川千紘(敬徳)(6)高山佑斗(北陵)

このエントリーをはてなブックマークに追加