「独学のススメ-頑張らない!『定年後』の学び方10か条」(中公新書ラクレ)

 世界最高齢のアプリ制作者として知られる若宮正子さん(83)=神奈川県=が、新書「独学のススメ-頑張らない!『定年後』の学び方10か条」(中公新書ラクレ)を出版した。「飽きたらやめちゃえ」「『将来』に備えない。10年たったら世界は違う」など、自らの体験に裏付けられた学び方の心得10カ条をまとめている。

 若宮さんは80歳からプログラミングを学び、おひな様を正しい位置に並べるゲームアプリ「hinadan(ひなだん)」を開発した。人生100年時代の新たなモデルとして世界的に注目を浴び、国連会議やアップルの世界開発者会議などでも講演してきた。

 本書では、具体的なエピソードを紹介しながら、やりたいことの見つけ方や、退職してからの友達のつくり方などを紹介している。

 10カ条のほか、シニア向けに理科と現代社会の学び直しや、介護へのIT活用なども提言している。巻末には、脳科学者の茂木健一郎さんとの対談「人生60歳を過ぎると楽しくなります」も収録した。

 ▽「独学のススメ-頑張らない!『定年後』の学び方10か条」は新書版、208ページ。税別820円。

 ■若宮さんも講演するイベント「Empowered JAPAN 2019 in SAGA」が29日午後1時から佐賀市のホテルグランデはがくれで開かれる。参加無料で、定員は100人。問い合わせは佐賀新聞プランニング、電話0952(28)2151。

このエントリーをはてなブックマークに追加