香蘭社(有田町)は、電線に設置する球状の絶縁体「玉碍子(がいし)」を、カラフルに着色した製品を開発しました。同社が明治初期から製造してきた磁器碍子の新たな可能性を、インテリアの視点から探ります。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加