電動カーに乗って学生と楽しむ園児たち=佐賀市の佐賀工業専門学校

 江楠学園の佐賀工業専門学校の学生と鍋島保育園の園児が11日、佐賀市の同専門学校で交流した。年長児19人が、自動車学科とエアポートサービス学科の学生56人と一緒に、乗り物に乗ったり紙飛行機を作ったりして触れ合った。 

 自動車学科は車両実習室を清掃し、テープやタイヤを使って電動カーが走るコースを準備した。そのコースに沿って、園児たちは学生らに教わりながら電動カーを楽しく走らせた。「次、代わって」「お兄ちゃん、もう1回走りたい」などにぎやかな声が飛び交った。

 エアポートサービス学科では、紙飛行機を作ったり、空港で貨物運搬として活躍するトーイングトラクターに園児を乗せたりした。同学科1年の奥村雪寧(ゆきね)さん(18)は「子どもたちのパワフルさに元気をもらった」と話した。鍋島保育園の中村李恋(りこ)ちゃん(5)は「車に乗ることが楽しかった」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加