自分の夢を発表した8人の女子高生と関係者=鳥栖市のホテルビアントス

 女子高校生たちが将来の夢を語り合う「ガールズカンファレンス」が8日、鳥栖市のホテルであった。国際ソロプチミスト佐賀―東部(松雪満子会長)の主催で、神埼清明高と東明館高の合わせて8人が、それぞれの夢と実現するために取り組んでいることなどを発表した。

 「未来の私」のテーマで、児童福祉司や外交官、発展途上国で教育支援に当たる仕事に就く夢などを、3分以内で発表した。幼稚園教諭になりたいと話した神埼清明高3年の原優月(ゆづき)さんは「他の人たちの話を聞いて、頑張って夢を実現しようと改めて決意しました」と刺激を受けていた。

 鳥栖市教育委員会教育委員の古澤美恵子さんは総評で「皆さんのしっかりとした考えに驚いた。ぜひ目標を達成して」とエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加