新潟県長岡市で3カ月の女児が殺害された事件で、県警は13日、司法解剖の結果、女児の頭部に激しい損傷があり、死因は脳挫滅や頭蓋骨骨折などによる外傷性ショックだったと明らかにした。虐待や育児放棄をうかがわせる所見はなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加