トヨタ自動車の定時株主総会会場に入る株主ら=13日午前、愛知県豊田市の本社

 トヨタ自動車は13日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。株主からは、高齢者運転による交通事故に関する質問が相次いだ。豊田章男社長は「実現しなければいけないのは交通事故ゼロの社会だ」と強調し、先進技術の開発に注力する考えを示した。

 株主からは「運転手がミスしても止まるような、安心して乗れる車の開発はどこまで進んでいるか」などの質問が出た。トヨタ幹部は、多数の人工知能(AI)研究者が安全システムの開発をしていると述べた。

 豊田氏は、総会の冒頭で「100年に一度の大変革期を迎えている。将来のモビリティー社会を株主の皆さまと築きたい」と強調した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加