S字カーブのコースから出ないように運転する児童=佐賀市立体育館(提供)

 小学生が自転車の知識や技術を競う交通安全子供自転車佐賀地区合同大会が8日、佐賀市本庄町の佐賀市体育館で開かれた。正しい交通ルールと自転車の安全な乗り方を身に付け、交通安全の意識向上を後押しする。

 市内の五つの小学校から7チームが参加。4人一組で技能走行と学科試験で競った。技能走行では、30センチの狭い道を25秒以上かけて走行する「遅のり」やS字カーブ走行、障害物をよけながらの走行など6コースに挑戦した。学科試験では、道路標識や正しい自転車の乗り方など60問の問題に挑んだ。

 審査の結果、嘉瀬小と金立小が、22日に佐賀市の大和勤労者体育センターで開催される県大会に出場することが決まった。

 成績は以下の通り(敬称略)

 【団体の部】(1)嘉瀬小A(佐賀南地区代表)(2)西川副小(3)金立小A(佐賀北地区代表)

 【個人の部】(1)國信麗(嘉瀬小)(2)中嶋澪(金立小)(3)谷口諒子(嘉瀬小)(4)谷口海(西川副小)(5)中牟田茉歩(金立小)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加