軽快なトークセッションを展開する山下翔一さん=佐賀県庁

 ホームページの制作方法などを学ぶ「SAGAまるごと情報発信!Web素材ワークショップ」が7、8の両日、佐賀市の県庁で開かれた。佐賀市出身でホームページ作成サービスを提供する「ペライチ」(東京)を創業した山下翔一さん(35)の講演や技術などを学ぶワークショップがあった。

 7日夜は「佐賀からどのようにして日本、世界を変えるか」という演題でトークセッションがあった。山下さんは「『佐賀がやれるならうちもやれる』と思われることは悪くない」と話し、「自分たちが先頭を走って変革していくという意義はある」と訴え掛けた。

 また、山下さんは創業400年を超えた有田焼を例に挙げ「時代によって求められるものが違う中で、変化を続けて生き残ってきたことがすごい」と自らの考えを紹介していた。

 8日は、誰でも簡単にできるホームページ制作術を学ぶワークショップやウェブが魅力的に見える文書と写真・動画の載せ方講座が開かれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加