観光バスに衝突した長崎県営バス=嬉野市嬉野町の長崎自動車道上り線の不動山トンネル(佐賀県警提供)

 11日午後1時50分ごろ、嬉野市嬉野町の長崎自動車道上り線の不動山トンネル(全長2046メートル)内で、観光バス(乗客44人)に、後ろを走行していた長崎駅発佐世保駅行きの長崎県営バスの高速バス(乗客13人)が衝突した。高速バスの10~70代の男女3人と、観光バスの60代女性の計4人が病院に搬送されたが、いずれも打撲などの軽いけがだった。事故によって、嬉野-東そのぎ間の上り線が約3時間20分にわたって通行止めとなった。

 県警高速隊によると、現場は片側2車線で、事故当時、工事のため1車線に規制されていた。長崎県営バスの運転手(57)は「前方の観光バスが減速し、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。

 観光バスには中国からの観光客が乗っていて、諫早市から有田町に向かう途中だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加