佐賀県は11日、自然災害で人的被害が生じる恐れがある「防災重点ため池」が県内に1426カ所あるとする調査結果を公表した。農林水産省の新たな基準で再選定し、見直し前の約4倍に相当する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加