佐賀市の県立ろう学校(松尾広樹校長)は8日、公開授業を開いた。地元住民や保護者らは、手話だけでなく筆談や口話で理解度を確かめながら授業をする教室を見て回り、聴覚障害教育への理解を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加